グローバルナビゲーション

体育の日イベント 元日本代表 大山加奈さんのバレー教室などを開催

更新日:2018年10月10日

大山さんからマンツーマンの指導も
 
大山加奈のバレー教室 レシーブの打ち方を指導 参加者からの質問に丁寧に答える大山さん
 スパイクの打ち方の指導 教室のあとに行われたサイン会 全員で記念写真
 大人気のボルダリング体験コーナー 鉄棒体験コーナーのようす ブラジルブースはシュラスコが人気
 会場を訪れた濱野区長のあいさつ 様々なブースをのぞく濱野区長 大勢の人でにぎわう会場周辺

 “平成30年 体育の日 ~来てみて体育館へ 楽しいこといっぱい~”
 体育の日イベントの一つとして、女子バレーボール元日本代表の大山 加奈さんによるバレーボール教室が平成30年10月8日(月・祝)に品川区立総合体育館(東五反田2-11-2)で行われました。大山さんのバレーボール教室には、子どもから大人まで73人が参加しました。

 まず、タオルを丸めてボールのようにしたものを使い、体の動かし方など、スパイクの打ち方の基礎を指導。参加者は珍しい練習方法を楽しみながら練習に取り組みました。
 その後はボールを使い、スパイクやレシーブの指導が行われました。大山さんが参加者にフォームの指導を直接行う姿も見られ、交流を楽しんでいた様子でした。
 最後の質問コーナーでは、「試合前の緊張はどうしたらとれますか?」という質問に対し、「緊張を無くすことは無理だから、緊張と友達になってうまく付き合えるようになれるといいですよ」と答えるなど、様々な質問に笑顔で丁寧に対応していました。

 同イベントは東京2020大会への機運醸成などを目的に開催。バレーボール教室のほか、ホッケーやボルダリング、障害者スポーツなどの体験コーナーや、民踊やなぎなた、空手道の演武などが行われました。また、会場の周りで区内の大使館・領事館等による郷土料理の販売ブース、地元町会や関係団体による模擬店が出店。スイスのラクレットチーズやブラジリのシュラスコ、タイ古式マッサージ体験などが人気で、会場を訪れた濱野区長も楽しそうに各ブースを回っていました。