グローバルナビゲーション

認知症カフェ「八潮としょかんCafe」初開催

更新日:2018年10月26日



   

 八潮図書館が運営する認知症カフェ「八潮としょかんCafe」が、平成30年10月22日(月)、八潮地域センター内で初めて開催されました。

 品川区では認知症になっても安心して暮らし続けられるまちづくりを進めています。認知症カフェは、認知症の人や家族、地域住民、医療や福祉の専門職の方など、誰もが気軽に集うことができる場として区内17カ所で開催しています(平成30年10月1日現在)。

 区立図書館が運営する認知症カフェは八潮としょかんCafeが初。毎月第4月曜日(12月を除く)に開催し、認知症に関するミニ講座や、認知症予防のためのゲームなどをとおして、参加者が交流し、認知症への理解や認知症対策に向けた意識の向上を目的としています。

 この日は、八潮在宅介護支援センターの職員が参加し、同センターの事業説明等を行った後、参加者は認知症予防に効果があるといわれる「回想法」に取り組みました。

 なお、10月25日(木)には、荏原図書館、五反田図書館が運営する認知症カフェがそれぞれ開催されます。どなたでもご参加いただけますので、お気軽にお越しください。

【荏原図書館 「えばらなごみカフェ」】
 開催日時:10月25日(木)午後2時~4時 
 会場:荏原文化センター
【五反田図書館「モクヨン五反田カフェ」】
 開催日時:10月25日(木)午後2時~4時
 会場:五反田文化センター