グローバルナビゲーション

平成30年度 防災ポスターコンクール表彰式

更新日:2018年11月16日

中学校金賞受賞者

受付風景 小学校の部金賞受賞者 賞状授与

挨拶する濱野区長 教育総合支援センター長挨拶 審査員

もらった賞状を見る受賞者 校長先生と記念撮影 子供と作品を記念撮影

 区は防災ポスターコンクール表彰式を平成30年11月15日(木)、区役所で行い受賞者41人を表彰しました。

 このコンクールは、小・中・義務教育学校の児童・生徒の防災意識の向上を図るとともに、ポスターを見た人が防災について考えるきっかけになることを目的に、毎年開催しています。

 今年度は、451作品の応募があり、品川区立学校の図工・美術教師などで構成された審査会を経て、入賞作品として52作品を選出。入賞作品は、金賞3作品(小学生2人、中学生1人)、銀賞10作品(小中学生 各5人)、銅賞39作品(小学生19人、中学生20人)です。

 表彰式では、受賞者一人ひとりに濱野区長が表彰状を手渡し「作品を拝見し、見事な出来栄えだと思いました。小学生の作品は表現力の豊かさ純粋な着眼点、中学生の作品は大人顔負けの技術・発想力の高さが印象に残っています」と感想を話し、「今年を振り返るとさまざまな災害が次々と起こりました。皆さんのポスターが災害の恐ろしさや、区民の防災意識の向上に大きく役立ちます。地域が実施している防災訓練にも積極的に参加してください」とあいさつしました。

 入賞作品について、審査員を務めた立会小学校の田中先生と大崎中学校の市原先生は、「防災で気を付けなければならないメッセージをストレートに表現し、色の組み合わせに工夫している作品も多くありました。今後も表現することを大事にしてください」「防災のことを良く勉強しているのがうかがえました。キレイに書くことだけにこだわることなく、プロを目指してもよいのではというほど素晴らしい作品が多くありました」とそれぞれ講評しました。

 防災ポスターコンクールの全作品を、第二庁舎3階ロビーで11月20日(火)まで展示していますので、ぜひご覧ください。

【防災ポスターコンクール作品展】
展示期間 平成30年11月20日(火)まで
     ※土曜日を除く午前8時30分~午後5時

展示場所 第二庁舎3階ロビー