グローバルナビゲーション

平成30年度 品川区社会福祉協議会 地域福祉功労者表彰式

更新日:2018年11月29日

地域福祉功労者表彰式


池田会長あいさつ 表彰を受ける民生委員永年勤続者 表彰を受けるさわやかサービス協力会員


表彰を受ける成年後見センター支援員 濱野区長の祝辞 謝辞を述べる葛西美那子さん

 「平成30年度 品川区社会福祉協議会 地域福祉功労者表彰式」が平成30年11月28日(水)、スクエア荏原(荏原4-5-28)ひらつかホールで開催されました。

 地域福祉功労者表彰は、品川区社会福祉協議会の基本理念「支え愛のほっと・コミュニティー」に賛同し、日頃から地域福祉の様々な場面で活躍している皆さんの献身的な努力と、社会福祉協議会事業に対する支援に敬意を表して実施されています。本年度は、表彰状が61人、感謝状が96人、計157人に贈呈されました。

 賞状贈呈に先立ち、池田彰孝会長は受賞者の日頃の活動に「心からお礼申し上げます」と感謝の意を述べ、「品川社協は“支え愛のほっと・コミュニティー”を理念として、地域の中に支え合いの輪が広がるよう、数多くの事業を行っております。地域福祉が一層充実するためには、受賞者の皆様をはじめとして多くの方々のご理解、ご協力が必要です。今後もより一層のお力添えをお願いします」とあいさつしました。

 来賓として参席した濱野区長は、「福祉の実態を支えている皆様のご努力、ご尽力に、心から敬意と感謝を申し上げます」とし、「区では2025年を見据えて、第3期品川区地域福祉計画を策定しています。区民と行政、支え手と担い手の役割など、支え合いのしくみを具体的に検討してまいります。今後は益々人と人との結びつき、支え合いが大切になります。そのためには皆様のご活躍が大きな支えとなります。これからも健康に留意されて、ご活躍されることをお願いいたします」と祝辞とともに敬意と感謝の気持ちを伝えました。

 最後に受賞者を代表して、さわやかサービス協力会員として多年にわたり活動を続けている葛西美那子さんは、「さわやかサービスのような区民相互の助け合いはすばらしい活動だと思います。これからも受賞者全員が、支え愛を大切にし、地域福祉の一旦を担うべく精進していくことをお誓いします」と謝辞とともに今後の抱負を語りました。