グローバルナビゲーション

企業担当者と子ども食堂運営者が意見交換

更新日:2018年11月30日


クロモンこども食堂のプレゼン

子ども食堂と企業との連携会議 子ども食堂ふたばのプレゼン 支援について話す企業担当者

メモをとる企業担当者 となりまち子ども食堂のプレゼン 感想等を述べる企業担当者

情報交換の様子 配布資料を確認する参加者 品川区社会福祉協議会 木下事務局長あいさつ

 「しながわ子ども食堂ネットワーク(※)~企業との連携会議~」が平成30年11月28日(水)、品川区社会福祉協議会(大井1-14-1)で開催されました。

 今年6月に行われた「しながわ子ども食堂フォーラム2018」では、“子ども食堂”の活動に興味のある個人・企業が多く参加。10月末現在、子ども食堂を手伝いたいという個人140人と計18社が同ネットワークに登録しています。

 区民の“地域の居場所”“交流の場”としても機能している「子ども食堂」ですが、今回、北品川の「クロモンこども食堂」、二葉の「子ども食堂ふたば」、中延の「となりまちこども食堂」の代表者が、同ネットワークに登録している企業の担当者に、それぞれの取り組みの現状や課題などについてプレゼンテーションを実施しました。

 また、子ども食堂運営者と企業担当者との情報交換も行われ具体的な意見や要望が出されるなど、子ども食堂の取り組みに対しどのような支援が可能かを検討する絶好の機会となりました。

※ しながわ子ども食堂ネットワーク
しながわ子ども食堂ネットワークは、区内子ども食堂の新規開設や運営継続を支援するため、開設のノウハウや運営上の悩み、物品の提供情報等を共有する会議体です。品川区が品川区社会福祉協議会に事務局を委託しています。