グローバルナビゲーション

区内初開催 スラックラインイベント「スラックライン ライド オン フェス」

更新日:2018年12月2日

トライ競技の様子

演技 演技 演技 演技 体験 体験

エアートランポリン 幼児親子の部 表彰 

模範演技 中村拓志さん模範演技 石橋里佳さん模範演技 中村陸人さん

 スラックラインのイベント“スラックライン ライド オン フェス”が平成30年12月1日(土)、滝王子児童センター(大井5-19-14)で開催されました。

 スラックラインは、幅2.5~5センチメートルのベルト状のライン上でバランスをとったり技を行うスポーツで、日本に紹介されてまだ10年程度です。区の児童センターでは7年前、子どもたちの健康増進、体幹の強化、新しいスポーツに挑戦することを目的に水神児童センター(南大井5-13-19)で初導入し、現在は7センターで体験することができます。

 フェスでは、スラックラインとエアートランポリンの体験、30秒間のパフォーマンスで技の得点を競う「トリック」とスラックラインの上に乗っている時間を競う「タイムトライアル」が行われました。トリックには、小学1年生から保護者まで27人がエントリー。参加者は、センターでの練習の成果を存分に発揮し、大きな拍手を受け、演技を終えると「練習よりうまくできた」「難しい技が成功できて嬉しい」と、自分の演技に満足できた様子でした。タイムトライアルには、幼児親子と小学生が挑戦。幼児親子の部は、幼児と保護者の合計タイムが記録となるため、保護者の方が真剣になっていました。

 また、中村拓志さん(小2)、石橋里佳さん(小4)と、プロとして活躍している中村陸人さん(小4)が模範演技を披露。参加した子どもたちは、自分たちと同じ年頃の子どもが繰り広げる高度な技を熱心に見つめていました。