グローバルナビゲーション

“伊達直人”からのプレゼント 3万円分の商品券を児童養護施設へ寄贈

更新日:2018年12月21日

「伊達直人」から届いた商品券
子ども未来部長から商品券を受け取る高橋園長 談笑のようす

 漫画「タイガーマスク」の主人公“伊達直人”を名乗る人物から、品川区役所に3万円分の商品券が送られ、区はこの商品券を平成30年12月21日(金)、区内の児童養護施設 品川景徳学園(旗の台5-25-19)に寄贈しました。

 “伊達直人”さんからは、平成24年からこの時期に商品券が届けられており、今回で6回目。本名は記されておらず住所は途中までのため、人物は特定できていませんが、宛名や筆跡などから同一人物と思われます。今回の3万円を含め、寄付額は計24万円に上ります。
 商品券に添えられていた手紙には、次のようなメッセージが書かれていました。

      親と一緒にくらせない
      こどもたちへ
      プレゼントお願いします
               伊達直人

 同学園の高橋朝子園長は「毎年とても感謝しています。子どもたちのクリスマスプレゼントなどの購入に使いたいと思います」と感謝の言葉を述べました。また、区の担当者と、子どもたちの様子や卒園後の生活支援など、現状と今後について話し合いました。

 同学園は、保護者のいない子どもや、家族による養育が困難な子どもたちの自立支援を目的とする児童養護施設で、平成22年4月から社会福祉法人六踏園が運営。現在4歳から18歳までの子どもたち47人が共同生活を送っています。