グローバルナビゲーション

平成30年 品川区新年賀詞交歓会

更新日:2018年1月5日

あいさつする濱野区長
記念撮影区長を中央にし記念撮影大勢で記念撮影品川区三曲協会の演奏あいさつする松澤区議会議長萩森荏原消防署署長による乾杯「わ!しながわ」パネルを持って記念撮影区内に大使館・領事館がある各国の代表者締めのあいさつをする千葉品川区区政協力委員会協議会会長大井囃子保存会による獅子舞品川区民憲章を朗読する新成人実行委員の二人懇談会廊下の「しながわ百景」パネルを眺める参加者
平成30年 品川区新年賀詞交歓会が平成30年1月5日(金)、JR大井町駅前のきゅりあん(東大井5-18-1)で開催されました。

 区政協力委員、民生委員の方をはじめ、区内に大使館・領事館がある各国の代表の方、友好協定・防災協定を締結している自治体代表の方など、各地域・各分野で品川区政の推進にご協力いただいている方、約900人が一堂に会しました。
 参加者全員による国歌斉唱に続き、今年の成人式の実行委員である戸川 凌さんと綱島 小百合さんが品川区民憲章を朗読しました。

 先ず、濱野区長があいさつに立ち、「まちのにぎわい充実と都市型観光プランの早期実現」「夢のバトンタッチのために子どもたちの健やかな成長を支援」「住み続けられる安全で安心のまちづくりに向けて」の3つの施策に向けた取り組みにふれ、「来年度は長期基本計画の最終年度となります。着実な実現に向け邁進し“輝く笑顔 住み続けたいまち しながわ”のさらなる展開を図ってまいります」と力強く抱負を述べました。

 続いて、来賓を代表し松澤区議会議長が、「東京2020大会まであと2年。大会に向け皆さまと力を合わせて未来を担う子どもたちのために世界に誇れるレガシーを築き上げていきたい。また、区民生活における課題の解決は急務であり、品川区議会も緊張感をもって、誠心誠意 取り組んでいきます」とあいさつしました。

 懇談会は、荏原消防署の萩森義男署長の乾杯のあいさつでスタート。品川区三曲協会の美しい邦楽演奏や品川区指定文化財である大井囃子保存会の力強い獅子舞が披露されました。

 最後に、品川区区政協力委員会協議会の千葉雅雄会長の十締めで閉会となりました。