グローバルナビゲーション

第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団壮行会で城南小学校児童がプラカードを担当

更新日:2018年1月30日

スケート選手を先導する城南小学校の児童
選手団 騎手を先頭に選手らに手を振る観客観客の声援にこたえる選手たちスキー選手を先導する城南小学校の児童アイスホッケーのプラカードを持つ児童ボブスレー等3種のプラカードを持つ児童カーリング選手を先導する城南小学校の児童バイアスロンのプラカードを持つ児童選手団本部員を先導する城南小学校の児童
平成30年1月24日(水)、大田区総合体育館で行われた第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団壮行会に、城南小学校がプラカード担当校として参加しました。

 この壮行会は、日本オリンピック委員会(JOC)が主催する「第23回オリンピック冬季競技大会」に出場する日本代表選手団の活躍を願う応援イベント「冬を、燃やせ。とどけ!勇気2018」。城南小学校の6年生14人は、観客約5,000人が見守る中プラカードを持ち、選手95人と大会本部員らを先導しました。

 大会は、2月9日(金)から25日(日)まで、7競技102種目が行われます。