グローバルナビゲーション

しながわ花海道で早咲きの菜の花が見頃

更新日:2018年2月14日

見頃となったしながわ花海道の菜の花
運河沿いに咲く菜の花菜の花の咲く中ジョギングを楽しむ見頃の菜の花
しながわ花海道(東大井2)で平成30年2月14日(水)、菜の花が見頃となり、道行く人の目を楽しませています。これは、10月に地域の小学校や周辺町会、商店街の人たちなどが一斉に種まきをしたもので、自主的に管理運営し育ててきたものです。
 今、見頃となっているのは早咲き種です。まだまだ株が小さいものもあり、これから暖かさにつれて、順次開花し、土手一面を黄色のじゅうたんを敷きつめたかのように染めます。

 しながわ花海道は、平成14年に「勝島運河の土手に花畑を作ろう」を合言葉に、立会川商店街と鮫洲商店街が中心になって「しながわ花海道プロジェクト」を立ち上げて始められたものです。約2キロメートルある運河の土手に、1.5メートル四方の区画の花壇約1200枚を造成。学校や町会などが自主管理しているもので、春の菜の花、秋のコスモスは地域の風物詩となっています。同プロジェクトは2016年に「NPO法人しながわ花海道」となりました。