グローバルナビゲーション

区立幼稚園で修了証書授与式

更新日:2018年3月19日

修了証書を園児に手渡す大澤園長
園入り口保護者に修了証書を渡す園児夢に向かって進んでいって・・と話す大澤園長先生の話を聞く園児たち祝辞を述べる濱野区長祝辞を述べる若本PTA会長思い出の歌を披露する修了児さくら組となのはな組の子どもたちカメラを構える園児の保護者達
区立幼稚園の修了証書授与式(修了式)が平成30年3月16日(金)、各園で行われました。

 御殿山幼稚園 (北品川5-3-1)では、修了する「さくら組」園児35人一人ひとりに、大澤園長から修了証書が手渡されました。

 園児たちは、名前が呼ばれると大きな声で返事をし、まっすぐ保護者のもとへ行き「ありがとう」などと笑顔で授与された修了証書を渡しました。

 大澤園長は、お祝いの言葉として谷川俊太郎の「ありがとう」という詩を語り、「少し難しいかと思いますが、皆さんはこの詩を大切に感じることができると思います。これから、夢に向かって元気に歩んでいってください」と園児たちエールを、「愛情を受けて育った子は自分に自信を持ちます。これからもお子さんに深い愛情を注いでください」と保護者に向けてメッセージを送りました。

 また、濱野区長は「修了、おめでとうございます。皆さんは、幼稚園を修了することが当たり前だと思っていませんか。こうして無事修了式を迎えられたのは、おうちの方の支えがあったからだということを忘れないでください」と祝辞を述べました。

 式の最後には、4月からさくら組になる年少児・なのはな組の子どもたちが入場。さくら組の子どもたちが「私たちは、御殿山幼稚園を修了します!」と、思い出の歌を言葉を披露すると、なのはな組の子どもたちからは「すてきな1年生になってください」とお礼の言葉が送られました。