グローバルナビゲーション

しながわ水族館春の特別展「海の危険ないきもの大集合」

更新日:2018年3月15日

特別展入り口の親子
特別展コーナーの水槽を覗き込む子どもトンネル水槽の危険ないきもの団体で訪れた子どもたち危険ないきもの クマドリ危険ないきもの オニダルマオコゼ危険ないきもの ハナミノカサゴ
しながわ水族館では、海に生息する危険な生物をテーマにした春の特別展「海の危険ないきもの大集合~マジでやばい生物(やつら)たち!!」を、平成30年5月7日(月)まで開催しています。

 危険な毒針をもったマダラトビエイ、食べると危険な毒を体内にもつドクウツボ、刺されると危険なとげをもつオニダルマオコゼ、咬(か)まれると危険な歯をもつイシガキフグなど約30種類の生物を展示しています。それぞれの生物の前には解説文が掲示されており、じっくりと鑑賞しながら楽しく学習できる内容となっています。

 また、「ハリセンボンのトゲは全部で何本あるのでしょうか? A.約350本 B.約650本 C.約1,000本」といった三択の問題が8問あり、全問正解すると特別展限定クリアファイルがプレゼントされるクイズラリーも開催しています。


【主な展示生物】
シビレエイ(発電)、ガンガゼ(とげ)、ウモレオウギガニ(中毒)、ウミケムシ(刺毒)、ヤシガニ(ハサミ)、ノコギリガザミ(ハサミ)、クマドリ(咬)、モンハナシャコ(パンチ)、オニヒトデ(刺毒)、ラッパウニ(刺毒)、ヒョウモンダコ(咬毒)、ヌノサラシ(粘液毒)、ダンゴウオ(かわいい)、オニダルマオコゼ(刺毒)

【しながわ水族館】
所在地:勝島3-2-1 しながわ区民公園内
連絡先:03-3762-3433
入館料:大人(高校生以上)1,350円、小・中学生600円、4歳以上300円、シルバー(65歳以上)1,200円
営業時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:火曜日(春休みとゴールデンウイーク中は開館)