グローバルナビゲーション

しながわECOフェスティバル2019に3万6千人の来場者

更新日:2019年5月27日

大勢の人でにぎわう飲食店エリア入り口

エコレンジャーショー クイズラリー受付にも長蛇の列 あいさつをする区長と、しながわ観光大使のシナモロール
丸太切り体験をする親子 みんなでしながわ体操 セルフバランススクーター乗車体験
品川区3競技応援キャラクターも会場に オリ・パラ体験ブース ホッケー体験をする親子 飲食店エリアでは環境配慮型容器で売り物を提供
大崎一番太郎・戸越銀次郎・うまたせくんたちも会場を訪れた 品川区シティプロモーションブースのようす しながわ学院エンタ部によるステージ発表
同時開催された中小企業センター祭り 伝統工芸の職人とのふれあい 中小企業センター祭りに顔を出したシナモロール


 「しながわECOフェスティバル2019」が令和元年5月26日(日)、品川区役所前のしながわ中央公園(西品川1-27)等で開催され、約3万6千人の来場者でにぎわいました。

 同フェスティバルは、楽しみながら環境に対する関心を高め、学び、行動につなげるきっかけとすることを目的に区が主催する、区内でも最大規模のイベントです。
 企画・運営は、区内の事業者・民間団体・学校を中心とする「品川区環境活動推進会議」と「イベント実行委員会」。今年は99の団体が参加し、ブース出展やステージでの催しなどを行いました。会場における使用電力は、廃油を再利用したバイオ燃料を使った自家発電と、グリーン電力によって賄っています。

 飲食店エリアでは、使い捨てプラスチック製品の削減や意識啓発のため、「サトウキビの搾りかすを原料とした環境配慮型容器」や「紙コップ」、「紙ストロー」などで商品を提供しました。また、“食品ロス”を減らす取り組みとして、フードドライブのブースも設置。家庭で眠っている食品などがないか、来場者に呼びかけました。

 メインステージでは、朋優学院高等学校(西大井6-1-23)のアトラクション部による「環境戦隊エコレンジャーショー」や、らんま先生による「eco実験パフォーマンス」など、楽しみながら環境問題について分かりやすく紹介するショーが行われました。

 会場を訪れた濱野区長は、世界的な問題になっている“海洋プラスチック問題”に触れ、「現代社会にはごみなどに関するさまざまな課題・問題がありますが、一人ひとりの小さな取り組みが、将来の地球の環境を変えることに繋がります。このイベントをきっかけにして、皆さんも一緒に環境問題について考えていきましょう」と、来場者に呼びかけました。

 また、隣接する中小企業センターでは「中小企業センターまつり」(25・26日)が開催されました。同センターで日頃活動しているサークルの押し花や仏像彫刻、絵画などの作品を展示したほか、囲碁教室などの体験コーナー、クラシックコンサートなどのイベントも実施。しながわ観光大使のシナモロールも会場を訪れ、来場者たちを笑顔にしていました。