令和2年度第1回区政モニター集会を開催

更新日:2020年11月18日

区政モニター集会の様子

あいさつする濱野区長 企画調整課長による講義 講義を受けての質疑応答
メモをとる区政モニターさん 自己紹介をする男性の方 自己紹介をする女性の方

 令和2年度第1回区政モニター集会を、令和2年11月13日(金)に品川区役所で実施しました。

 区政モニター制度は、「区政モニター集会」や「施設見学会」などをとおして、区民の方に区政を理解していただくとともに、区の施策や事業などについて、ご意見などをお寄せいただき、よりよい品川のまちづくりに役立てることを目的としたものです。任期は2年で、今期は49人の方がモニターを務めます。

 会の冒頭で濱野区長は「区政は、区民のための仕事ですが、施策が本当に区民のためになっているのか、皆さまの暮らしに即しているのかを常に判断しなければならないものです。そういった中で、区政モニターの皆さまからご意見を頂戴することはとても貴重な機会と捉えています。これからの区政に生かしてまいりますので、皆さまのお考えをぜひお聞かせください」とあいさつしました。

 続いて、「品川区を取り巻く現状」をテーマに企画調整課長が講義を実施。品川区の人口や財政状況、新長期基本計画などについて説明をしました。

 最後に、区政モニターの皆さんが一人ずつ自己紹介を行い、「皆さんと一緒に区政について勉強して、地域に還元していきたい」などの意気込みが語られました。