区立小学校・義務教育学校で入学式 小山小学校では64人が新入学

更新日:2021年4月7日

1組集合写真
2組集合写真

  
メッセージ板 濱野区長からのメッセージ 話を聞く新入生
名本校長の話 話をする名本校長 話を聞く2組の新入生
担任紹介 2年生の歓迎動画 動画を見る新入生と保護者
式典後の校庭 帽子をかぶせるお父さん 校門で記念撮影する家族

 区立小学校・義務教育学校で、令和3年4月6日(火)、一斉に入学式が行われ、小山小学校(小山5-10-6)では、2クラス64人の新入生を迎えました。

 新型コロナウイルスの感染予防対策として来賓や在校生などは出席せず、濱野区長からはお祝いのメッセージが届けられました。

 式典のはじめ、名本校長が「皆さんご入学おめでとうございます。式には参加できませんが、2年生以上のお兄さんお姉さんが、皆さんが学校に楽しく通えるように優しくお世話をしてくれますので、楽しみにしていてください」とお祝いの言葉を述べたうえで、「誰にでも自分に一つだけの花があります。努力しなければこの花は咲きません。進んで学習する、協力し助け合う、心と体をたくましくする、この3つを頑張れば、小山小学校を卒業するときには周りの人を笑顔にさせるような花が咲いていることでしょう」と新入生にエールを送りました。

 1年生の担任が紹介されたあと、事前に撮影していた2年生による歓迎の動画を再生。
 最後に、集合写真撮影時のみ声を出さずにマスクをはずし、クラスごとに記念撮影をして式は終了しました。

 新一年生は「かっこいい1年生になりたいです」「体育を頑張ります」などと話し、これから始まる学校生活への期待に胸を膨らませていました。