しながわ学びの杜 特別講演会を開催

更新日:2021年7月19日

柏原さんが講演している様子
    
  

 令和3年度しながわ学びの杜 特別講演会が、令和3年7月16日(金)に、荏原文化センター(中延1-9-15)で開催されました。
 今年は、新型コロナウイルス感染対策として、入り口での検温・手指の消毒のほか座席の間隔を離し、区民約120名が参加しました。

 この講演会は、品川区の生涯学習「しながわ学びの杜」を多くの方に知ってもらい、生涯学習のきっかけとしてしてもらうとともに、間もなく始まる東京2020大会が盛り上がり、安心安全に開催されるよう祈念し実施されました。

 講師は、箱根駅伝で「山の神」と呼ばれ東洋大学時代に3度の総合優勝に貢献し、現在は富士通(株)に所属しスポーツ活動への支援などで活躍している柏原竜二さん。「スポーツを通じて」をテーマに、学生時代の話、富士通(株)就職後、そして私生活の話も交え、苦悩期間もあったが、スポーツを通じて成長したことやスポーツの素晴らしさについて講演しました。
 そして最後には、「挑戦に終わりはない」と話し、「コロナ禍でなかなか色んなことに挑戦しずらい環境ではありますが、ぜひあきらめずに挑戦してほしいと思います。うまくいかないときもあるかもしれませんが、それが誰かの役にたつかもしれません」と伝えました。
  
 講演後には、参加者からは「靴のこだわり」や「箱根駅伝を任された時の心情」など質問が上がり、柏原さんは一つ一つ丁寧に答えていました。
 また、会場では、柏原さんが箱根駅伝出場時に使用したシューズの展示や柏原さんサイン入りオリンピックパラリンピックグッズの抽選会などがありました。

 今後もしながわ学びの杜では、だれもが生涯現役を目指すことのできる様々なジャンルの講座などの提供を行い、自主的な学習や地域活動へ取り組むための一助となるよう取り組んでいきます。