子どもの食の支援に関し(株)ローソンと相互協力

更新日:2021年7月19日

同意書を取り交わす区職員とローソン社員

箱詰めをするローソン社員配送準備をするローソン社員箱の中身
 品川区は7月19日(月)、しながわCSR推進協議会会員企業である株式会社ローソン(大崎1-11-2)と子どもの食の支援に関する相互協力について合意書を取り交わしました。今後は、区とローソンは連携して子どもの食の支援事業に取り組んでいきます。

 区では、子どもの食の支援の一つとして、食の応援を必要とするひとり親家庭等へ食品の配送を行うとともに就労や学習など他の施策につなげ各家庭の自立を目指す「しあわせ食卓事業」を行っています。今回の合意に基づき、ローソンでは、自社内での寄附品の調達や、取引先企業への呼びかけで寄附品を確保。「社員に社会貢献活動に携わらせ、良い経験として成長させたい」と、梱包作業の支援もしていただくこととなり、この日箱詰め作業を行いました。箱詰めされた食品等は、第一弾として7月下旬にしあわせ食卓事業へ申込済の425世帯へ配送します。

【1箱の内容】
<株式会社ローソンより>
・スープ、タオル、折りたたみ傘など計17個
<オイシックス・ラ・大地株式会社より>
・野菜ジュース2本
<区より>
・アルファ化米4袋