グローバルナビゲーション

文化財防火デー消防演習開催

更新日:2014年1月29日

文化財防火デー消防演習 放水
1月23日(木)、旗岡八幡神社(旗の台3‐6‐12)において、文化財防火デー消防演習を行いました。
荏原消防署の指導のもと、旗の台3丁目区民消火隊、荏原消防団第七分団、旗岡八幡神社職員が参加し、文化財保護と放水訓練を行いました。
保護した文化財は、猿が神馬を引き止める「駒止め猿」の絵が描かれている大絵馬です。この絵馬は、愛媛出身の画家である沖冠岳の手によるもので、横幅1.78メートル、高さ1.33メートルあります。
文化財を運び出すと、区民消火隊・消防団・消防署が一丸となって放水を行いました。すると、見学に来ていた園児たちから、大きな歓声が上がりました。
最後に、荏原消防署長から『立派な活動でした。みなさまの日頃の活動の成果が出まして、力強い消火活動でした。今後も区民消火隊の活動に期待したいと思います。』と参加者へ激励の言葉をかけました。
また、宮司から『防火防災に対する意識が、何度も演習を実施することで職員一同より一層高まりました。』と講評がありました。

文化財防火デー消防演習 1文化財防火デー消防演習 2文化財防火デー消防演習 3文化財防火デー消防演習 4文化財防火デー消防演習 5文化財防火デー消防演習 6文化財防火デー消防演習 7
お問い合わせ

荏原第四地域センター
 電話:03-3784-2000
 FAX:03-3784-2601