グローバルナビゲーション

荏原第五地区総合防災訓練(2015)

更新日:2015年10月27日

荏原第五地区総合防災訓練開会式
10月25日、旧荏原第四中学校で荏原第五地区防災協議会主催の総合防災訓練が行われました。
良く晴れた空の下、町会・豊葉の杜学園・戸越小学校・都立大崎高校・各教育機関職員・荏原消防署・荏原消防団など総勢1361人が参加しました。

荏原第五地区防災協議会上田本部長の開会宣言に続いてラジオ体操で身体をほぐし、訓練が始まります。
各町会ごとに集合しました各町会ごとに旗の前に集合しました荏原第五地区総合防災訓練開会式の風景上田本部長による開会宣言ラジオ体操(荏原第五地区総合防災訓練)

校庭での訓練(初期消火訓練、スタンドパイプ取扱訓練、応急救護訓練)

まず3つの班に分かれ、初期消火訓練、スタンドパイプ取扱訓練、応急救護訓練を順番に体験しました。
皆さん防災意識が非常に高く、どの訓練にも我先にと積極的に参加していました。
初期消火訓練(荏原第五地区総合防災訓練)初期消火訓練を実施しました(荏原第五地区総合防災訓練)応急救護訓練(都立大崎高校生徒)応急救護訓練の風景スタンドパイプ取扱訓練(荏原第五地区総合防災訓練)スタンドパイプ取扱訓練の風景(荏原第五地区総合防災訓練)ガスメーター復帰訓練

給食訓練

体育館では、荏原第五地区の総合防災訓練の恒例である給食訓練が行われました。各町会から5人が参加して約2000個のおにぎりを作りました。
炊けたアルファカ米を大きなしゃもじで混ぜます給食訓練給食訓練(荏原第五地区総合防災訓練)体育館での給食訓練約2000個のおにぎりを作りました

ポンプ操法

ミニポンプ隊16隊(各町会、戸越小学校、豊葉の杜学園)、区民消火隊2隊、荏原消防団第五分団1隊が、日頃の訓練の成果を発表しました。
放水訓練(荏原第五地区総合防災訓練)迫力満点な放水訓練日頃の訓練の成果を発揮した放水訓練小学生も一生懸命放水訓練に参加しました息のあった放水訓練チームワークが大切な放水訓練
濱野健区長は「いざという時に備えて日ごろから防災に取り組んでいただくことは、まちにとって、家族にとって嬉しくまたありがたいことだと感じています。本日、様々な訓練を習得していただきました。どうか家族の皆様や近隣の方々にもそのノウハウを伝えていただいて荏原第五地区のますますの安全安心のために貢献していただきますように心からお願いを申し上げます。」と激励しました。
お問い合わせ

荏原第五地域センター
 電話:03-3785-2000
 FAX:03-3785-2016