グローバルナビゲーション

秋の収穫を楽しみに五反田駅前でサツマイモの苗植え

更新日:2018年5月23日

平成30年5月22日(火)、秋の収穫を楽しみに、五反田駅東口駅前広場の花壇にサツマイモの苗が植えられました。

これは地元の町会・学校等で構成する「五反田駅前をきれいにする会」が、天明の飢饉(ききん)の際、サツマイモで人々を救ったという青木昆陽が眠る瀧泉寺(目黒不動尊)が近くにある縁で始め、今年で5回目となります。

きれいに整地された畝(うね)に日野学園の7~9年生9人が、同会のメンバーやJR五反田駅の駅員に手伝ってもらいながら、小振りながら甘味の強い「紅はるか」の苗、およそ70株を植えました。

また、今年は、苗と苗の間に、コンパニオン・プランツと言われ、サツマイモの苗と相性のよい「赤しそ」の種も試験的に蒔きました。

参加した生徒は「昨年は、大きなサツマイモを収穫できました。先生に切ってもらって食べました。今年の収穫も楽しみです」と、10月に予定しているサツマイモの収穫を心待ちにしています。

苗を植える生徒1 苗を植える生徒2 駅員と苗を植える生徒 種を蒔く生徒

お問い合わせ

大崎第一地域センター
 電話:03-3491-2000
 FAX:03-3491-2002