グローバルナビゲーション

大崎第二地区主催「春の親子バスハイク」で地域交流

更新日:2018年5月25日

大崎第二地区バスハイク1号車記念撮影

大崎第二地区バスハイク2号車記念撮影

大崎第二地区バスハイク3号車記念撮影
~バーベキュー・アスレチック・動物との触れ合いで自然を満喫~

 毎年恒例の「春の親子バスハイク」が平成30年5月20日(日)、神奈川県横浜市旭区のこども自然公園(神奈川県横浜市旭区大池町65-1)で開催され、大崎第二地区の親子が119人参加しました。
 
 地区委員会が主催する春の親子バスハイクは、青少年の健全育成と地域コミュニケーションの伸展を図るため、毎年5月に実施しています。
 
 参加者たちは、大崎第二地域センター前からバスに乗り込み、こども自然公園を目指します。
 バス内では、区立芳水小学校6年生の2人が企画委員として考えたバス内で楽しめるレクリエーションを実施。チーム対抗戦で行い、勝利チームの子どもには、景品として株式会社モスフードサービスからご寄付いただいたパズルが配られバス内は大盛り上がりでした。
 ゲームで盛り上がっているとあっという間にこども自然公園に到着。まずは、大池前に移動して記念撮影をします。参加者は澄み渡る青空と雄大な自然を背景に満面の笑顔を見せてくれました。

バスに乗り込む参加者 レクリエーション「ゴロゴロドスンゲーム」 こども自然公園に到着

 記念撮影の後はバーベキュー広場に移動して、班ごとにバーベキューの準備です。炭を並べ着火し汗を流しながら必死にうちわで扇ぎました。このバスハイクで初めて知り合ったお父さんお母さん、子どもたちが協力し、火が起きた時は歓声が上がりました。地区委員の手助けを受けながら無事に準備を終え、バーベキューのスタートです。広大な自然の中での美味しいお肉や野菜に参加者たちは大満足の様子でした。しめには焼きそばも調理され、どの家族もお腹いっぱいになりました。

みんなで協力してバーベキューの準備 地区委員に火おこしを手伝ってもらいました 青空の下でバーベキュー開始

上手に焼けました とてもおいしいです みんなおなかいっぱい



 バーベキューの後は、巨大アスレチックで遊んだり、ちびっこ動物園でモルモットやハツカネズミなどの小動物と触れ合い、動物のぬくもりや命を感じることができました。

圧巻のアスレチック 親子で満喫 賑わうアスレチック
 
ちびっこ動物園 動物と触れ合う参加者 モルモットを抱っこ

 大崎第二地域センター前で無事に解散すると、どの家族も充実した1日を過ごせた様子で、満足そうな笑顔を浮かべ帰路につきました。これからも大崎第二地区では、地区委員を中心として7月の「区民まつり」や2月の「冬のバスハイク」など地域の皆さんと親睦を深めるイベントを行っていきます。地域にお住まいの皆さまは、ぜひご参加ください。
お問い合わせ

大崎第二地域センター
 電話:03-3492-2000
 FAX:03-3492-2095