グローバルナビゲーション

男女共同参画推進フォーラム2018

更新日:2018年11月10日

企画運営委員の6人

大崎麻子さん   講演の様子 あいさつする桑村副区長

パネル パネル

 男女共同参画推進フォーラム2018が平成30年11月10日(土)、大井町駅前のきゅりあん小ホールで開催され約130人が参加しました。

 このフォーラムは、区民一人ひとりが互いに人権を尊重しつつ責任を分かち合い、能力と個性を発揮できる男女共同参画社会の実現に向けて、毎年この時期に開催しています。公募の区民が運営委員として企画・運営を行っており、今回は6人のメンバーが春から準備をしてきました。

 今年のテーマは「思い込んでいませんか?~視野を広げた先に見えるもの~」。ジェンダー・男女共同参画・女性活躍などをテーマに活動している、関西学院大学総合政策学部客員教授の大崎麻子さんが、「世界の男女たちは今~もっと輝く、明日からの生き方~」と題して講演を行いました。講師のわかりやすい話し方に、参加者は最後まで集中して聞き入っていました。

 講演前に桑村副区長が「私は、大崎さんの著書を読み、なるほどと思うとともに元気をもらいました。今日参加された皆さまも、きっと元気をもらえる有意義な時間になると思います」とあいさつ。企画運営委員6人は「現代は、様々な情報があふれていますが、今回の企画を準備する中で、思い込みにより多くの事柄を見過ごしていることに気づきました。皆さん一人ひとりが視野を広げ、多様性を認め合い、女性も男性も能力と個性を発揮できたらと思います」とフォーラムへ込めた思いを話しました。

 会場ロビーの展示コーナーに、企画運営委員が作成した“先入観なぞなぞ”や“世界のスマートジェンダー”などの啓発パネルも展示。また、“思い込みエピソードボード”を設置し、講演を聴いた来場者が「思い込んでいたこと」を付箋に記入し貼りました。このパネルは、きゅりあん3階男女共同参画センター交流室で展示していますのでぜひご覧ください。