グローバルナビゲーション

陶器・ガラス・金属ごみ

更新日:2018年3月27日

陶器・金属類・割れた蛍光灯・電球・刃物・ガラス・鏡など
「中身の見える袋」に一緒に入れてだしてください。危険な物は、新聞紙などに包んで「キケン」と表示して出してください。
カセットボンベ・スプレー缶・ライター
陶器・ガラス・金属類とは別の「中身の見える袋」に入れて出してください。
中身が残っているものを出すときは、袋に「中身入り」と書いてください。
延長コード(※USBケーブルは燃やすごみ)

    ※土・砂・石などは、収集できません。品川区清掃事務所にご相談ください。

 

ごみ収集車の火災を防ぐために、カセットボンベ・スプレー缶・ライターの出し方にご注意ください

   ごみ収集車は、多くのごみを積むためにごみを圧縮して運んでいます。
   ごみ収集車火災の原因の多くは、
   「陶器・ガラス・金属ごみ」に混入していたガスボンベ等から漏れ出たガスが荷箱に充満し
   金属の摩擦などで生じた火花によって発火したものです。

   ごみ収集車火災が発生するとその後の収集に支障が出るだけでなく、収集作業員や周囲の住民、通行人に被害が及ぶ可能性があります。

   ごみの収集作業中に危険物を見つけ出すことは極めて困難で、ごみ収集車火災の予防には、ごみを出す方の協力が不可欠です。
   カセットボンベ・スプレー缶・ライターを処分する場合は、次のことを守ってください。

 

 

   【カセットボンベ・スプレー缶・ライターの適正排出にご協力をお願いします】

   ・ カセットボンベ・スプレー缶・ライターは他のごみと分けて別の袋で出してください。
   ・ 中身が残っているものを出すときは袋に「中身入り」と書いて出してください。

 

2018陶器・ガラス・金属ごみ

 

 

ごみの出し方

  • 刃物・ガラス・鏡は新聞紙等で包み、赤い字で「キケン」と書いてください。
  • カセットボンベ・スプレー缶・ライターは、できるだけ中身を使い切ってから、別の袋に入れて出してください。
    中身が残っているものを出すときは、袋に「中身入り」と書いてください。
  • 土・砂・石等は、収集できません。品川区清掃事務所にご相談ください。

品川区では、陶器・ガラス・金属ごみの各戸収集を行っています

  • マンション等、集合住宅にお住まいの方は、敷地内の決められた場所にお出しください。
    (場所については、お住まいの建物の管理人さんや大家さんへ確認してください。)
  • 一戸建てにお住まいの方は、玄関前または門の前などの決められた場所にお出しください。
    (転入されて来た方は、品川区清掃事務所へご連絡ください)
  • 高齢者(70歳以上)や体の不自由な方のみお住まいで、陶器・ガラス・金属ごみを出すことが困難な場合は、品川区清掃事務所へご相談ください。
お問い合わせ

品川区清掃事務所
 電話:03-3490-7051
品川区清掃事務所荏原庁舎
 電話:03-3786-6552