グローバルナビゲーション

定期報告制度

更新日:2016年8月8日

この制度は、建築物や建築設備などについて適切な維持管理を図り、災害を未然に防止しようとするものです。 特に、特定建築物(別表参照)については、不特定多数の人々が利用するため、ひとたび火災等が発生すると、生命や財産の被害を受けるとともに、建築物の所有者や管理者の責任を問われることにもなります。
 そのため、特定建築物については、建築物や設備の維持管理状況を定期的に、資格のある人に調査または検査をさせて報告しなければならないことになっています。
定期報告の対象報告者調査資格者報告先

特定建築物

所有者
または
管理者

1,2級建築士
または
特定建築物調査員
 (財)東京都防災・建築まちづくりセンター
 電話 03-5466-2001
 を経由して区長へ

防火設備

同上

1,2級建築士
または
防火設備検査員
同上

建築設備

同上

1,2級建築士
または
建築設備検査員
 (財)日本建築設備・昇降機センター
 電話 03-3591-2421
 を経由して区長へ

昇降機

同上

1,2級建築士
または
昇降機等検査員
 東京都昇降機安全協議会
 電話 03-6304-2225
 を経由して区長へ

「注意」

1.定期報告書の提出通知について
  建築物および建築設備については、報告の時期になりましたら、定期報告書提出についてのお知らせを、報告用紙を同封のうえ、お送りします。
2.検査資格者、調査の方法、調査用紙の記入方法等については、上記センターや協議会にお問い合わせください。
3.一戸建て、長屋または共同住宅の住戸内に設置する昇降機等(ホームエレベーター、いす式階段昇降機など)は定期報告の対象外となります。

ページの先頭へ戻る

※定期報告が必要な特定建築物・防火設備・建築設備・昇降機等一覧については、下記PDFファイルを確認してください。
お問い合わせ

建築課審査担当(設備)
 電話 03-5742-6774