密集住宅市街地整備促進事業とは

更新日:令和3年3月30日

品川区では、老朽住宅が密集し、道路・公園等の公共施設の不足により住環境・防災上の問題を多く抱える地域において、「密集住宅市街地整備促進事業」を導入し、地元の皆さんとともに、老朽建物の建替え促進や防災広場・生活道路の整備を進めるなど、安全で快適なまちづくりに取り組んでいます。

現在、区内でこの事業を実施しているのは次の6地区です。

地区名

所在地

事業期間

旗の台・中延地区

旗の台4丁目、中延5丁目

平成元年度~令和6年度

二葉三・四丁目、西大井六丁目地区

二葉3・4丁目、西大井6丁目

平成18年度~令和7年度

東中延一・二丁目、中延二・三丁目地区

東中延1・2丁目、中延2・3丁目

平成19年度~令和7年度

豊町四・五・六丁目地区

豊町4・5・6丁目

平成19年度~令和7年度

西品川二・三丁目地区

西品川2・3丁目

平成30年度~令和9年度

戸越六丁目地区

戸越6丁目

令和3年度~令和12年度

 

 

・整備基本構想図

お問い合わせ

木密整備推進課 木密整備担当
 電話:03-5742-6779
 FAX:03-5742-6756

Adode Reader

本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™(無料提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™をダウンロードして下さい。