グローバルナビゲーション

「大井町駅周辺帰宅困難者対策協議会」設立

更新日:2015年4月30日

会長あいさつ
会場の様子駅周辺の危険度協議会の役員
~目黒駅に続き、大井町駅でも本格稼働 ターミナル駅での帰宅困難者対策~

大井町駅周辺帰宅困難者対策協議会の設立総会が4月28日(火)、大井町のアワーズイン阪急(大井1-50-5)で開催されました。区内ターミナル駅での帰宅困難者対策としては、目黒駅に続き2例目。

JR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線が乗り入れる大井町駅は、一日あたりの乗降客数が30万人を超える、区内の主要なターミナル駅の一つ。首都直下地震が発生した場合、被災者や帰宅困難者などが多数発生することが予想されます。
大規模地震等が発生した直後、警察、消防、区役所等の行政機関は、被災者の救出・救助活動に重点を置くため、駅周辺の帰宅困難者に対する公的支援には限界があります。そのため、駅周辺の事業者や各関係機関などが協力して、混乱防止に取り組む体制づくりが求められます。

同協議会は、今年1月の準備会を経て、この日、正式に設立。鉄道事業者のほか、大井町駅周辺の企業、教育施設、防災関係機関など31団体によって構成されました。

大井町駅前で「アワヤ洋菓子店」を経営する本道治雄 代表取締役が、同協議会の会長に就任すると、東日本大震災時の駅前の様子を振り返りながら、「また大震災が起きたとしても、大井町が混乱に至らないようにみなさまと協力していきたい」と、地域防災に対する強い思いを語りました。
総会では、活動目的や大井町駅周辺エリアの地域危険度、地域住民の避難行動の流れなどを共有。今年度は、図上訓練と「地域特性の確認」「エリア防災計画作成」に関する部会の開催を予定しています。

平成25年4月に「東京都帰宅困難者対策条例」が施行され、品川区では、同年5月に目黒区と連携して「目黒駅周辺帰宅困難者対策協議会」を発足。平成27年2月には目黒駅周辺で実地訓練を実施しました。大井町駅、目黒駅のほかに、品川区周辺のターミナル駅(品川駅、田町駅、蒲田駅、渋谷駅)においても、同様の取り組みが進められています。