グローバルナビゲーション

品川産業支援交流施設“SHIP”のオープニングセレモニーを開催

更新日:2015年5月22日

20150522_f0_IMG_0570
20150522_f1_IMG_047020150522_f2_IMG_047820150522_f3_IMG_048520150522_f5_IMG_052420150522_f6_IMG_055120150522_f4_IMG_056720150522_f7_IMG_054920150522_f9_IMG_054520150522_f8_IMG_0546
通称名を"SHIP(シップ)"とする「品川産業支援交流施設」(北品川5-5-15)のオープニングセレモニーが5月22日(金)、現地にて盛大に開催されました。

濱野区長をはじめ、これまで区とともに再開発を進めてきた北品川五丁目第1地区市街地再開発組合や、近隣町会、地元区議会議員、産業関連団体、産学連携の関係者等、約140人が出席しました。

冒頭、濱野区長が「“シップ”という船を大海原にこぎ出し、次世代の新しい産業を育成する拠点としたい」とあいさつ。引き続き、来賓を代表し、関東経済産業局 原山正明地域経済部長が「品川や羽田に近い地の利を生かし、次々と新しい面白いものが生まれることを期待しています」とし、一般財団法人 品川ビジネスクラブの理事長でもある産業技術大学院大学 石島辰太郎学長が「学生にとっても大変刺激的な施設であるため、ありがたく活用させていただきたい」と祝辞を述べました。

最後に、「SHIP船出までの歩み」と題し、NPO法人ものづくり品川宿の里見泰啓事務局長が、施設の開設経緯等を200インチのスクリーンを使い説明しました。