グローバルナビゲーション

品川歴史館 ちょっと古くて新しい昭和の道具大集合

更新日:2016年8月24日

夏休みこども歴史コーナーを観る親子
触れるコーナーでそろばんを使ってみる展示してある黒電話クイズの答え合わせをしてもらう小学生
品川歴史館(大井6-11-1)で、子ども歴史展示「ちょっと古くて新しい昭和の道具大集合」を開催しています。

 会場では、昭和初期から使われていた、氷を入れて冷やす「氷式冷蔵庫」や洗濯板、戦後、新時代の生活必需品として宣伝された電化製品の三種の神器「白黒テレビ」「洗濯機」「冷蔵庫」、ダイヤル式黒電話などを展示。五つだまのそろばんなど実際に手に取り、使ってみることのできる道具もあります

 当時の広告やパンフレットをパネルにしてありますので、子どもたちのみならず、かつて実際にそれらの道具を使っていた世代も懐かしくご覧になることができます。

 8月31日(水)まで、ペーパー日時計キットがもらえる歴史クイズラリーも実施していますので、夏休みの自由研究がまだの方も、すでに終わらせた方も、どうぞ品川歴史館に足をお運びください。

【子ども歴史展示「ちょっと古くて新しい昭和の道具大集合」】
開催期間:9月25日(日)まで
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日、祝日、9月20日(火)

【観覧料】
一般:100円、小中学生:50円(区内在住の区立小中学生は無料)
団体割引等あり