区民への新型コロナワクチン接種を実施

更新日:2021年4月26日

注射器
ワクチン ワクチン接種 入所者への接種

品川区は令和3年4月26日(月)、区内初となる区民への新型コロナウイルスワクチン接種を実施しました。

ワクチンを接種したのは区立荏原特別養護老人ホーム(荏原2-9-6)に入所する65歳以上の区民 約100人。同施設の小野施設長は「初めてのことばかりで大変だったが、無事に入所者に接種することができてほっとしている」と話しました。

今回、使用した新型コロナワクチンはファイザー社製で、4月25日(日)に約2,000回分(約1,000人分)が到着しました。今後、特別養護老人ホーム、グループホームの65歳以上の入所者を対象に、特別養護老人ホームグランアークみづほ、かえで荘、グループホーム小山など、順次ワクチン接種を進めていきます。

また、区では、高齢者へのワクチン接種券を5月12日(水)以降に75歳以上の方に発送します。19日(水)から電話とWebでの予約を開始し、24日(月)から集団接種を実施します。その後は、ワクチン供給量の状況をみながら、65歳以上74歳以下の高齢者へ接種券を発送する予定。

集団接種会場は、旧ひろまち保育園、大井競馬場(勝島2-1-2)ほか計9カ所で実施します。