新型コロナウイルスワクチン 集団接種にむけたシミュレーションを実施

更新日:2021年4月28日

新型コロナウイルスワクチン接種の様子
接種会場の入り口 ワクチン接種受付の様子 問診の様子
受診書の確認の様子 接種後の待合室の様子 シミュレーション説明の様子

 
 品川区は令和3年4月28日(水)、新型コロナウイルスワクチン接種の集団接種会場のひとつとなる旧ひろまち保育園(広町2-1-18)で、高齢者の集団接種のシミュレーションを実施しました。

 今回のシミュレーションでは、区民26人(区内高齢者クラブ)と品川区医師会、荏原医師会、品川区薬剤師会、接種会場運営委託業者の協力のもと、ワクチン接種会場で実際に対応する各機関の医師や看護師などが、集団接種当日の接種会場内外の動線やワクチン接種までの流れなどを確認しました。

 実施後のヒアリングでは、参加者から問診票の書き方やスタッフの説明などについて意見が出され、医師や看護師からは、接種部屋のレイアウトや人員の配置などについて要望が出されました。区は、今回寄せられた意見・要望を検討し、実際の集団接種に向け準備を進めていきます。

 区では、5月12日(水)から75歳以上の高齢者へワクチン接種券を発送します。19日(水)から電話とWebでの予約を開始し、24日(月)から集団接種を実施します。その後は、ワクチン供給量の状況をみながら、65歳以上74歳以下の高齢者へ接種券を発送する予定です。

 集団接種会場は、旧ひろまち保育園、大井競馬場(勝島2-1-2)など計9カ所で実施します。