グローバルナビゲーション

国保基本健診・国保保健指導

更新日:2018年6月14日

年に1度のチャンスです。「国保基本健診」「国保保健指導」をご利用ください。

品川区国民健康保険では、年に1度無料で受診できる「国保基本健診」と、健診の結果対象となった方に生活習慣改善の支援を行う「国保保健指導」を実施しています。
「国保基本健診」「国保保健指導」は、生活習慣病の元となるメタボリックシンドロームに着目した健診・改善プログラムです。危険な生活習慣病を防ぐため、「国保基本健診」を毎年必ずご利用ください。
メタボリックシンドローム解説

国保基本健診実施内容(平成30年度)

対象者
品川区国民健康保険に加入しており、年度末に以下の年齢になる方。
  ・40~74歳になる方
  ・75歳になる方の一部(昭和18年10月~昭和19年3月生まれの方)
※受診券送付時期について
  ・平成30年4月1日現在品川区国民健康保険に加入されている方には、
   4月下旬に受診券を送付します。
   (平成30年2月以降4月1日までに国保に加入した方には5月下旬に送付します。)
  ・平成30年4月2日以降平成30年11月末日までに国保に加入した方については、
   ご連絡をいただいた場合に受診券を送付します。
   (加入届出日によっては、送付できない場合があります。)
内容
問診、腹囲、血圧、身体測定、血液検査(血糖・ヘモグロビンA1c・GOT・GPT・γ-GTP・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・クレアチニン・尿酸・白血球・血小板・血色素・ヘマトクリット・赤血球)、尿検査(尿糖・尿蛋白・尿潜血)その他、医師の判断により眼底検査と心電図検査を実施することがあります。
※健診結果は、受診した医療機関で1~2週間後にメタボリックシンドロームの判定を含めた総合的な結果をお聞き下さい。
費用
無料(自己負担はありません)
実施期間
受診期間は5月1日~1月末日までです。
受診方法
受診券と問診票、健康保険証を持って、医療機関にて受診してください。
  *外国語版(英語・中国語・韓国語)の問診票は、下部の「外国語版問診票」をご利用ください。
実施場所
区内契約医療機関で受診できます。詳しくは、下部の「平成30年度国保基本健診等医療機関一覧表」をご確認下さい。
その他
品川区国保以外の医療保険に加入している方は、それぞれ加入する医療保険からの案内に従って受診してください。
人間ドックを受診される方は、その経費の一部を助成します。(同一年度内に国保基本健診を受診していない方が対象です。)
75歳以上の方は、後期高齢者医療制度が実施する健康診査を受診できます。
国保基本健診の他に、区民を対象に別途各種がん検診等も実施しています。
  • 区が実施している各種がん検診などについて
  • 後期高齢者健康診査について
  • 国保保健指導実施内容(平成30年度)

    国保保健指導では、国保基本健診の結果により必要な方へ生活習慣改善の支援を行います。対象となる方には、医療機関で国保基本健診の結果を聞く際に参加案内を差し上げています。(ご自宅に案内を送付、お電話を差し上げる場合もあります。) ※国保保健指導の実施については民間の事業者へ委託して行ないます。 なお、医師の判断で医療が必要とされた方には医療機関への受診をお勧めするお手紙をお送りします。

     保健指導

    品川区第二期データヘルス計画・品川区第三期国保基本健診等実施計画

      品川区国民健康保険では、健康・医療情報を活用し効率的で効果的な保健事業を実施していくため、平成30年度から平成35年度までの
      6年間を計画期間とする品川区第二期データヘルス計画・品川区第三期国保基本健診等実施計画を策定しました。

     

    ※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
    用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

    お問い合わせ

    国保医療年金課 保健指導係
    電話:03-5742-6902
    FAX:03-5742-6876

    Adode Reader

    本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™(無料提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™をダウンロードして下さい。