グローバルナビゲーション

上大崎三丁目(旧国家公務員宿舎跡地)認定こども園等整備・運営事業者の選定

更新日:2020年6月30日

上大崎三丁目(旧国家公務員宿舎跡地)認定こども園等整備・運営事業者を公募型プロポーザル方式により選定しました。

 品川区は、これまで、区の緊急課題である待機児童対策に積極的に取り組んでまいりました。今後も就学前人口と保育所等への入園申込者数の増加が見込まれることから、引き続き保育サービスの供給が求められるとともに、より一層保育・教育の質の向上が重要になると考えています。
 このことから、このたび区は、保育・教育サービスを提供し、さらに在宅子育て支援や地域社会との交流ができる施設の設置を目指し、国より取得した用地を、私立認定こども園等の用途として活用することとし、認定子ども園等の整備、管理および運営を担っていただく事業者を公募し、簡易型プロポーザル方式により選定いたしました。
 公募の結果、8事業者から応募があり、辞退した5事業者を除いた3事業者の中から厳正な審査を行った結果、下記のとおり整備・運営事業者を選定いたしました。

選定事業者

株式会社ポピンズ  代表取締役 轟 麻衣子
東京都渋谷区広尾五丁目6番6号 広尾プラザ5階

選定理由
  1. 株式会社ポピンズ(以下「本事業者」といいます。)は、約30年の保育事業の運営実績を有し、区内においても、認可保育所1園、保育所型認定こども園1園、認証保育所2園を運営しています(応募日現在)。さらに、在宅子育て支援事業の受託やベビーシッター事業などの多様で豊富な事業実績があり、組織規模やノウハウを含め、法人としての安定感があり、長期かつ安定的な運営が期待できます。
  2. 本事業者は、区の保育・教育の考え方や本公募の主旨をよく理解しており、自社の保育理念とうまく組み合わせた施設運営を提案しています。具体的には、保育所型認定こども園を提案している点、在宅子育て支援事業(生活支援型一時預かり)の定員を多く設定している点、地域貢献機能の提案において、地域の意向を踏まえたうえで、町会との連携や、施設と地域の合同イベントも提案している点です。
  3. 施設面では、年齢別の保育室を基本としながら、可動間仕切りを活用することにより、広く一体的に部屋を使用することも可能としています。また、保育室とは別に屋内遊戯場を設けている点、建物の高さを低く抑えている点が、近隣への配慮として評価できます。地域の方も利用することを想定しているコミュニティひろばは、こども園のエントランスと一体的に使用することができる作りとなっており、様々な教育・保育活動、地域交流に対応できる汎用性に優れた提案となっています。
選定経過

 申込受付期間            令和2年2月7日~2月17日
 第一次審査会(書類審査)      令和2年4月23日
 第二次審査会(プレゼンテーション) 令和2年6月4日
 選定会議              令和2年6月11日
 事業者決定             令和2年6月22日

 事業者からの提案に対し、書類審査による一次審査およびヒアリングによる二次審査を実施しました。教育・保育内容、職員配置、地域・子育て貢献機能、実績・評価、適正な施設管理および運営、財務状況等の多様な視点から総合的に審査を行い、選定会議を経て事業者の決定を行いました。

※新型コロナウィルス感染症緊急事態宣言等を踏まえ、選定スケジュールを当初予定から一部変更しました。

公募要領等

 上大崎三丁目認定こども園等整備・運営事業者プロポーザル実施要領(PDF:3.87MB)
 様式1~12,15(Word:199KB)
 様式13,14(Excel:37.1KB)

お問い合わせ

保育支援課 開設・計画担当
電話:03-5742-6936
FAX:03-5742-9178