グローバルナビゲーション

品川区バリアフリー計画・特定事業計画(大井町駅周辺地区、旗の台駅周辺地区)

更新日:2018年3月9日

バリアフリー計画の策定について

品川区ではこれまで、高齢者や障害者を含むすべての人にやさしいまちをつくるため、平成20年3月に「品川区すべての人にやさしいまちづくり推進計画」を策定し、ハードとソフトの両面から様々なバリアフリー化の取組を進めてきたところですが、さらに今後も高齢化が進むことや、オリンピック・パラリンピックの開催を契機に国際都市として発展することなどを見据え、一体性・連続性のあるバリアフリー化を推進するための具体的な区域・取組を定めた計画として、平成27年3月20日に「大井町駅周辺地区バリアフリー計画」、平成29年7月31日に「旗の台駅周辺地区バリアフリー計画」を策定しました。

バリアフリー計画とは
 「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」第25条の「基本構想」に該当するもので、国が定める「移動等円滑化の促進に関する基本方針」に基づき策定する計画です。旅客施設等を含んだエリアを重点整備地区として設定し、地区内の生活関連施設及び施設同士を結ぶ生活関連経路のバリアフリー化の取組(特定事業等)について示すものになります。

計画の基本目標

すべての人にやさしい安全・安心・快適に回遊できるまちなかの実現

計画の基本方針

・区全域におけるバリアフリー化を目指した段階的な取組の推進
・区民・事業者等との共同による取組の推進
・心のバリアフリーの推進

特定事業計画の策定について


 バリアフリー計画において示した特定事業の計画的かつ着実な実施向け、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」に基づき、平成27年12月に「大井町駅周辺地区特定事業計画」、平成29年11月に「旗の台駅周辺地区特定事業計画」をそれぞれ策定しました。策定後、進捗管理のために毎年度更新(改定)を行います。
 なお、東京都公安委員会が実施する事業は、本計画とは別に東京都公安委員会が特定事業計画を作成することとしております。
 また、当該バリアフリー計画の進行管理の一環である、品川区やさしいまちづくり推進協議会(例年1~2月開催)への報告のうち、特定事業に関する報告に用いることも想定しています。

計画の目標年次

 大井町駅周辺地区バリアフリー計画 平成31年度 

 旗の台駅周辺地区バリアフリー計画 平成33年度

計画書・概要版

大井町駅周辺地区バリアフリー計画(平成27年3月策定)
大井町駅周辺地区特定事業計画(平成27年12月策定、平成29年8月最終改定)
旗の台駅周辺地区バリアフリー計画(平成29年7月策定)
旗の台駅周辺地区特定事業計画(平成29年11月策定)

社会資本総合整備計画

区は、大井町駅周辺地区バリアフリー計画を策定するにあたり、社会資本総合整備計画を作成し、平成25年度から平成27年度に国から補助金の交付を受けています。(平成27年度は道路特定事業に充当。)
 また、旗の台駅周辺地区バリアフリー計画を策定するにあたり、東京都が作成する社会資本総合整備計画に基づき、平成28年度と平成29年度に国から補助金の交付を受けています。
大井町駅周辺地区

社会資本総合整備計画(大井町駅周辺地区)(最終変更:平成28年3月1日)(.pdf、385.6KB)

事後評価書(大井町駅周辺地区)(.pdf、356KB)

旗の台駅周辺地区

社会資本総合整備計画(旗の台駅周辺地区ほか)(最終変更:平成28年8月22日)(.pdf、1.97MB)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

都市計画課
 電話:03-5742-6760
 FAX:03-5742-6889

Adode Reader

本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™(無料提供)が必要です。お持ちでない方は、Adobe® Reader™をダウンロードして下さい。