グローバルナビゲーション

庁舎機能検討

品川区庁舎機能検討委員会



 1968(昭和43)年に建築された品川区本庁舎・議会棟・第三庁舎は、建物本体や設備の老朽化が進んでいる一方、区を取り巻く環境変化や多様化する行政需要に対応する機能が求められています。このことから、区は新庁舎建設に向けた庁舎機能検討について、下記のとおり委員会を設置し、審議を行います。なお、委員会は全5回を予定しています。

<委員会の概要>
 1.委員会の役割 
  区長の諮問に応じ、新庁舎の機能の検討に関する事項を審議し、その結果を答申します。(令和3年3月予定)

 2.委員会の構成
  委員(24名)
   内訳:学識経験者(3名)、区内関係団体(12名)、公募区民(5名)、区議会議員(4名)