グローバルナビゲーション

ビッグプロジェクト

品川区内では、これまでに下記のような大きなプロジェクトが実施されました。活力あるみどり豊かな住みよい品川の未来を作っているこれらのプロジェクトを紹介します。詳細は各プロジェクトのページへどうぞ。
  • 91_中央環状品川線(東京都事業)
    CONT000000000000016376
    首都圏3環状道路(首都圏中央連絡自動車道、東京外かく環状道路、中央環状品川線)の一つで、都心に集中する交通の迂回・分散を目的としています。
  • 31_品川駅東口地区
    CONT000000000000016366
    品川区、港区にまたがる品川駅東口地区(約16.2ha)では、都心に近い立地を生かし国際化・情報化に対応したオフィスビルを中心に整備が進められています。
    平成15年10月には、東海道新幹線の品川駅が開業し、それにあわせた駅前広場や都市計画道路、公園などの整備が進められています。
  • 51_大崎駅東口第3地区
    CONT000000000000016351
    大崎駅東口第3地区は、東五反田地区の南西部に位置し、再開発事業が行われた地区です。この地区は、業務機能と居住機能が調和する街づくりを進め、分譲住宅棟・賃貸住宅棟・業務棟の3棟が整備されました。
  • 11_東五反田二丁目第1地区
    CONT000000000000016386
    東五反田二丁目第1地区は、東五反田のほぼ中央に位置し、平成13年6月に30階建ての分譲住宅棟、10階建ての賃貸住宅棟、17階建ての業務棟の3棟が竣工しました。住宅棟は2棟合わせて843戸の住宅を供給。質の高い住宅の創出により、副都心の定住人口の回復を図ります。
  • 21_東品川四丁目地区(シーサイドフォレスト)
    CONT000000000000016379
    平成14年度に開通したりんかい線「品川シーサイド駅」の開設にあわせて駅前広場や道路、公園などの公共施設を整備しました。施行地区面積は約9.6ヘクタール、約800戸の住宅が整備され、品川シーサイド駅には約4,100平方メートルの交通広場が設けられました。
  • 41_目黒駅周辺地区(トライスクエア構想)
    CONT000000000000111557
    目黒駅は、東急目黒線、南北線、都営三田線のターミナル駅として、駅の利用者も増加しており、駅前広場の整備・拡充が求められています。また、市街地再開発事業等にあわせて駅前のにぎわいと魅力を創出する商業、業務、居住機能の整備が進められています。
  • 1_西大井駅前南地区
    CONT000000000000016368
    西大井駅前南地区は駅周辺の約0.8ヘクタールの施行地区面積に地上28階(高さ約90メートル)、地下1階の高層棟と地上9階、地下1階の低層棟の施設が完成し,平成15年6月24日に竣工式が行われました。住宅297戸、工場610平方メートル、低層部分に店舗スペースを設けたほか、新規企業者向けに「品川ベンチャー創業支援センター」(現:西大井創業支援センター)が誕生しました。